システムエンジニアにとってリモートワークは最高!ただし客先常駐は難しい?

僕の仕事は、お客様から依頼されたシステムを制作する、いわゆるシステムエンジニアです。

基本的には自社やお客様先で仕事をしているのですが、緊急事態宣言が出てからは在宅でリモートワークになりました。

ただ、いきなりリモートワークが始まった訳ではなく、コロナが流行りだしてすぐに時差出勤が始まり、そして緊急事態宣言後にリモートワークへ、と段階的にシフトしていきました。

対応が早かったので、「うちの会社すげー!」と思ってたんですが、別にウチの会社が独断で決めた訳ではなく、親会社からそうするように通達が来たとのこと。

親会社の迅速な判断には感謝したいところです。

システムエンジニアにとってリモートワークは最高

理由は、「人に合わなくて良いので精神的に楽」「無駄な通勤がない」からです。

特に、上司に合わなくて済み、ペコペコしないで良いのは精神的にかなり楽でした。また、僕は電車通勤なのですが、通勤時はめちゃくちゃ人が多いんですよね。その通勤時のストレスから解放されたことによって、仕事だけに集中でき、仕事のスピードも上がった気がします。

逆に、リモートワークで悪いと思った部分をあげるとしたら、「良い椅子じゃないとお尻が痛くなること」「運動不足になること」くらいです。

僕の場合は、お尻が痛くなったんで途中から立って仕事してました。後、仕事の合間で筋トレしたり、仕事終わってランニングしたりして、運動不足にならないように気をつけていました。

客先常駐のリモートワークは難しのが現実?

それ以外では、別に監視されているようなこともなかったし、上司に報告する時なんかはチャットツールですぐにできたし、セキュリティ面も社内のセキュリティ対策してる人たちがしっかりしてくれてたので、特に問題はなかったです。

ただ聞いた話によると、お客様先でいつも作業している人たちが、リモートワークのためにお客様備品のPCを持ち帰っても良いか確認したところ、NGが出たとのこと。やっぱりこういったお客様先で働いている場合は、いきなり完全リモートワークに切り替えるのは、結構難しいのかなと感じました。

少しずつリモートワークの環境を整える

これからリモートワークを行う人へのアドバイスとしては、「いつでもリモートワークができる環境を整えておくこと」「良い椅子で仕事すること」「ちょくちょく休憩を挟んで、ストレッチや筋トレを行うこと」です。

リモートワークは、上司との連絡の取りやすさや、仕事のしやすさなどの環境に依存する部分がかなり大きいです。

環境によって仕事の効率にも影響してくるので、環境への投資は惜しまずにした方が良いと思います。後は、いきなりリモートワークにすると、最初は必ず何かしらのトラブルが起きる(サーバーが負荷に耐えられない等)と思うので、日頃からちょっとずつ環境整備を進めておいた方がいいと思います。

環境以外の部分では、リモートワークになるとどうしても人と話さなくなったり動かなくなったりで、ストレスが溜まりやすいのかなと思うので、適度に運動することと、体にできるだけ負荷がかからないような椅子を使用した方が良いです。

僕の場合は腹筋ローラーを買って家で筋トレしてました。椅子は買ってませんが、今後のことも考えてゲーミングチェアの購入を検討してます。

とにかくリモートワークをするなら「いつでもリモートワークができる環境を整えておくこと」「良い椅子で仕事すること」「ちょくちょく休憩を挟んで、ストレッチや筋トレを行うこと」は必須かなと思うので、準備しておくことをおすすめします。